直腸癌(がん)の自覚症状はどのようなものなのかについて解説しています。早期発見のためにも、直腸がんの症状を知り、理解しておきましょう。

スポンサードリンク

直腸がん○大腸がんの症状と治療TOP >直腸ガンの症状

直腸がん症状のページ

直腸がんの症状はどのようなものなのか?

直腸がんの初期症状は、がんが早期で小さいときは自覚症状はありません。

直腸ガンの自覚症状には、血の混じった便(血便)や粘液が出たり、排便をしていないのに、下着が血の混じった粘液で汚れるなどがあります。

いつも残便感があり、何度もトイレに行きたくなります。

腸内のガン塊が便の通りを邪魔するため、残便感があるのですが、排便時に、ときにはこのガン塊が肛門から飛び出すことがあるため、痔と間違えやすいのです。

痔の場合は鮮血が便器に落ち、真っ赤になりますが、直腸ガンは便の表面に、血が付着していることがポイントとなります。

以前に痔の経験がある人は、直腸ガンができて出血しているのに、自己診断してしまい、早期発見できなくなったなどの例もあるようなので、自己判断ではなく、すみやかに病院で受診しましょう。

また、肛門近くにガンができると、便の形が細くなったり、平たくなったりすることもあるようです。

腸がんの自覚症状として腹部(おなか)の張り、下痢や便秘を繰り返したり、血便などがあります。

腹痛やお腹がゴロゴロいうこともあります。

さらに、食欲不振、貧血、体重減少などが見られる場合もあります。

また、直腸がんはうさぎのフンのようにコロコロ便だったり、頑固な便秘が続いていたりします。

腸がガンのしこりで完全にふさがれてしまうと、便がでなくなる腸閉塞になったりします。

また、直腸ガンの症状では、”しぶり腹”と呼ばれる下痢を起こすこともあります。

その”しぶり腹”の下痢は、直腸に停滞した便が発酵したためです。

直腸ガンの初期症状と早期発見

がんが早期で小さいときは、自覚症状がない(無症状)ので気がつきにくいです。

少し大きくなってわずかの出血がみられるときが、初期の症状といえます。

直腸がんを早期発見するためには、自分の便の症状を日ごろから観察すること、50歳を過ぎたら年に1回の便潜血検査を受け、痔もちの人は年1回は専門医に行って、肛門直腸診を受けましょう。

40歳を過ぎてから、便秘や下痢を繰り返していたり、血便があったときは、すぐに専門医の診察を受けましょう。